金貨という存在

将来の生活のために、貯蓄をしている人は多くいるでしょう。しかし、その貯蓄方法は人によってまちまちです。銀行に預ける人もいるでしょうし、銀行は現在利子が高くつかないからということで、内緒で家の箪笥にお金を隠している人もいるでしょう。

 

今ある財産をもとにもっと増やしたいと株に手を出す人もいるかもしれませんが、株式投資はある意味博打的なところがあり、儲けが出る可能性もあれば大損するリスクもあります。長期的計画で不動産に投資する方法もありますが、初期投資にある程度の費用がかかるために足踏みしている人も少なくないでしょう。

 

少しの元金でも有効的に活用できる方法はないだろうか、と考えたところで、思いつくのは現金を「金」として保有することです。
「金」とは、金地金(きんじがね)や金貨などのことをさし、金地金1キロあたり300万円相当として、それをグラム単位から取引することが可能です。現金を「金」と交換して保有することには、とくに利子がついたりすることはありませんが、とくに金貨は貨幣としての価値は然ることながら、骨董品としての価値、コレクター価値などがプラスされることがあり、取引に人気が集中する銘柄であれば相場が跳ね上がることも珍しくありません。

 

ヨーロッパ圏では既に財産を「金」にかえて保有することは普通に行われており、結婚・出産のお祝いとして金貨が贈られることも珍しいことではありません。 「金」の中でもとくに金貨は、国が何かを記念して造幣することが多く、思い出にもなりますし、そのみた目の美しさからコレクター人気も高く、諸々付加価値がつく財産のひとつとなっているのです。

Categories: 未分類