金貨の売買

金貨の投資や売買の前に知っておくべきことをみてみましょう。一般に金地金を売買する場合、500グラム以下の取引にはバーチャージという手数料がかかります。日本では金地金は500グラムか1キログラムでの売買が一般的であるため、少量の金地金の場合、いったん溶解して新しい地金をつくることになるため手数料がかかるのです。しかし金貨の売買にはバーチャージといった手数料はかかりません。前述のように金貨にはプレミアムがついて金地金よりも高い値段で買うことになりますが、売るときにはこれらプレミアムも含んだ値段で売れるため特に利害はありません。

 

つまり、500グラム以下の少量の金を売買するには、地金型金貨のほうが有利であるということです。金貨は、貴金属店・デパート・銀行・商社など身近なところで売買ができますが、「財団法人日本地金流通協会」の正式会員となっているような信頼できるところで売買したほうが安心です。

 

最近は金の高騰につけこんだ悪質な業者も存在するので注意が必要です。また、金貨を買う場合には消費税がかかることも忘れてはいけません。金貨を売る場合に最も気をつけなくてはいけないことは、金貨に傷やへこみをつけないことです。傷やへこみがあると金貨としての価値がさがってしまうので、くれぐれも保管は厳重にしましょう。

Categories: 未分類